『 サブミッションポート 』 および 『 SMTP AUTH 』 の使用方法

『 サブミッションポート 』 および 『 SMTP AUTH 』 の使用方法

迷惑メール ( SPAM ) 対策のため、OP25B ( Outbound Port 25 Blocking ) を実施しているプロバイダのインターネット接続から、ジャパンネットワークコミュニケーションズのメールを送信出来ない場合があります。
また、ジャパンネットワークコミュニケーションズにおいても、一部の地域と一部のサービスで迷惑メール対策の適用をおこなっております。
送信を可能にするため、『サブミッションポート(ポート番号:587)』および『SMTP AUTH』のご利用をお願い致します。
また、ジャパンネットワークコミュニケーションズのインターネット接続からOP25Bを実施しているプロバイダのメールが送信出来ない場合があります。該当プロバイダの設定に従ってメールソフトの設定を変更してください。

  • 『サブミッションポート』 とは
    これまでメール送信時に使用されていた『ポート番号:25』とは別に、メール送信用として利用する『ポート番号:587』のこと。
  • 『SMTP AUTH』 とは
    メール送信時に、SMTPサーバ(送信メールサーバ)とユーザ認証を行い、認証が成功した場合のみメールを送信できる仕組み。
  • 『OP25B ( Outbound Port 25 Blocking ) 』 とは
    迷惑メール(SPAM)対策として、インターネット接続を提供しているプロバイダのメールサーバ以外のメールサーバを使用してのメール送信を規制する為、ポート番号:25を遮断すること。

Outlook Express の設定

サブミッションポート

「ツール」-「アカウント」をクリックし、「インターネット アカウント」を開きます。次に、該当するメールアカウントを選択し、「プロパティ」をクリックします。
次に「詳細設定」タグを開きます。

『サーバのポート番号』 の 『送信メール(SMTP)』 を 『 587 』 に変更

画像

SMTP AUTH

『送信メール サーバ』 の 『このサーバは認証が必要』 にチェック

画像

お問い合わせ

  • 日本情報システム株式会社
  • ジャパンネットワークコミュニケーションズ
  • サポートセンター
営業時間
平日(月曜日~金曜日) 8:30-17:30
土曜日/日曜日/祝日  無人による24時間受付
TEL
04-2950-1110
お問い合わせ・お申し込みフォーム